初めての方へ(特許制度のご案内)

 知的財産権には、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、回路配置利用権、育成者権、不正競争防止などがありますが、この中で、特許権、実用新案権、意匠権、商標権を、特に産業財産権といいます。産業財産権を取得するためには、特許庁に出願をして、審査等の所定の手続を経て、登録してもらうことが必要になります。

特許

特許出願案内。物、方法、物を生産する方法の発明。詳しくはこちら

特許権とは、産業上有益な、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの、すなわち「発明」に対して与えられる権利です。

実用新案権

実用新案権。物体の形状、構造または組み合わせに関するちょっとしたアイディア。詳しくはこちら

実用新案権とは、特許権と同様に自然法則を利用した技術的思想の創作に対して与えられる権利ですが、発明ほど高度なものでない、ちょっとしたアイデア(但し、物品の形状、構造又は組合せに関するものに限られます)等にも付与される権利です。

意匠権

意匠権。物品(部分を含む)の形態に係るデザイン。詳しくはこちら

意匠権とは、物品(物品の部分を含む。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって視覚を通じて美感を起こさせるもの、簡単に言うと、物品(部分を含む)の形態に係るデザインに対して与えられる権利です。

商標権

商標権。商品・サービスについて使用するマーク(標識)。詳しくはこちら

商標権とは、事業者が自己の取り扱う商品・サービスを他人の商品・サービスと区別するために、その商品・サービスについて使用するマーク(標識)に対して与えられる権利です。

具体例

 例えば、ある会社が、円盤状に成形した魚肉すり身の周りに、大豆タンパクペーストを環状に付着させて油ちょうすることにより、円盤状をしたさつま揚げの周りに、環状に膨らんだ油揚げが付着した食品を作り、これを「まるぎつね」という名前で売り出そうとしているとします。この会社は、どのような権利がとれる可能性があるのでしょうか。

 まず、円盤状に成形した魚肉すり身の周りに、大豆タンパクペーストを環状に付着させて油ちょうすることにより、円盤状をしたさつま揚げの周りに、環状に膨らんだ油揚げが付着した食品を作るという発想は、技術的思想の創作に当たりますから、特許権や実用新案権の対象となります。
 また、円盤状をしたさつま揚げの周りに、環状に膨らんだ油揚げが付着した食品というのは、デザイン的にも斬新なものであると思われますから、意匠権の対象ともなります。
 更に、「まるぎつね」という名前は、自社商品を他社商品と区別するために用いられるものですから、商標権の対象ともなります。


 特許事務所は、特許権、実用新案権、意匠権、商標権などを取得するために、特許庁に対してする手続を、お客様の代わりに代理人として行っております。
 特許庁に対する出願や審査手続は、専門的な知識や経験が要求され、例えば同じ発明でも手続書類の書き方や、審査における反論の仕方によって、権利の可否や権利内容に大きな影響を与えます。したがいまして、初めての方が手続をする場合には、特許事務所に依頼されることをお勧めいたします。

 上記説明で、お考えになっていることが、どのような権利になる可能性があるのかということがおわかりになるようでしたら、弊事務所のホームページの特許出願案内、実用新案出願案内、意匠出願案内、商標出願案内をクリックしてみてください。

お考えになっていることが、どのような権利になる可能性があるのか、おわかりにならない場合には、お気軽にお電話又はメールにてお問い合わせください。

お電話はこちら。03-6770-2124
お問い合わせフォームはこちら

 それぞれの権利によって、手続に必要な事項が異なりますので、お電話でもかまいませんが、もし可能であれば、一度御来所いただいき、御相談いただけると助かります。打ち合わせをさせていただければ、どのような権利を取得することが可能か、そのためにはどのような準備が必要か、どのような資料の御提供が必要か、費用はどの程度かかるかなど、詳しい御説明をさせていただきます。

 例えば1時間程度の御相談であれば、相談料は、無料にて対処いたします。ただし、調査や、資料の検討など、専門的な作業が必要になった場合には、御了解を得て別途料金をいただいております。

トップへ戻る