実用新案登録出願案内

 実用新案登録制度は、物品の形状、構造又は組合せに係る「考案」を保護する制度です。
 特許権を得るには、進歩性のレベルがある程度高い必要がありますが、進歩性のレベルがそれほど高くない、ちょっとした創意・工夫をした「考案」について、実用新案権が付与されます。

 ただし、実用新案権の保護対象は、物品の形状、構造又は組合せに関するものに限られ、それ以外のもの、例えば、測定方法使用方法等の方法物の製造方法などは、保護されません。

 また、この実用新案制度においても、特許と同様に特許庁に対する「出願」手続きが必要です。
 この手続きの流れについては、下記の<実用新案権を取得するまでの流れ>をご参照ください。また、実用新案登録出願をするまでの流れについては、下記の<実用新案登録願するまでの基本的な流れ>をご参照ください。

 ただし、特許出願における「審査請求」手続きは不用で、基礎的な登録要件が具備されていれば、すぐに実用新案権が付与されます。

 なお、実用新案権を行使する際にあたっては、一定の条件が課されますので注意が必要です。

実用新案権を取得するまでの流れ

実用新案権を取得するまでの流れの図

実用新案登録出願までの基本的な流れ

実用新案登録出願までの基本的な流れの図

お気軽にお電話又はメールにてお問い合わせください。
お電話はこちら。03-6770-2124
お問い合わせフォームはこちら
トップへ戻る