事務所概要

ご挨拶

 私、弁理士 松井 茂は、これまで40年近くに亘って、様々な分野の特許、実用新案、意匠、商標、外国出願に関する手続を行ってきました。私が代理した特許及び実用新案の出願件数は3700件以上に及びます。
 これは、大きな特許事務所の所長様に比べたら、決して多い方ではありませんが、大きな特許事務所の所長様との違いは、これら全て、私が直接お客様から相談を受け、私自身が明細書を作成し、あるいは所員が作成した明細書を私自身が修正して出願した案件であるという点です。すなわち、これらの1件1件に、当時の発明者の意気込み、明細書作成時の苦労、出願後の審査過程での苦労など、私の思い出が込められているのです。
 特許事務所の業務を通して、私が得た最大の財産は、様々な方々に巡り会い、商品にかける夢や希望、開発の苦労などをお聞かせいただき、夢や希望の実現に向けて知的財産権の面から協力させていただいたことだと思っております。その1つ1つがささやかなドラマのように思い起こされるのです。
 私は、これらからも、お客様の商品にかける夢や希望を、知的財産権の面から支えるために、全力を出して協力させていただきたいと思っております。
 弊事務所は、お客様に喜ばれる良い仕事をする事務所を目指しております。また、調査や、時間をかけた検討等を要するご相談以外は、基本的にご相談無料で承っております。知的財産権に関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

松井特許事務所 所長 弁理士 松井 茂

事務所の特色

事務所の理念

 1.お客様との信頼、関わりあいを最も大切にします。
 2.丁寧で誠実な対応を心がけます。
 3.お客様に満足いただける仕事を追求します。
 4.リーズナブルなコストで、最大限の効果をもたらすように、お客様にご提案させていただきます。

得意分野

 弊事務所は、化学、食品、バイオ、機械分野の特許出願を得意とし、実用新案登録出願、意匠登録出願、商標登録出願、外国出願も取り扱っております。
 弁理士松井茂は、実務経験40年のベテランで、数多くの出願や、審判、審決取消訴訟、特許侵害事件などを扱った経験を有しています。
 弁理士宮尾武孝は、京都大学薬学部出身の薬学博士で、米国の大学にて6年間研究生活を送った後、弊所にて12年以上勤務したベテランで、化学、バイオ分野の技術的知識は勿論、英語も堪能です。
 弁理士松本絵里子は、千葉大学大学院医学薬学府先端生命科学専攻・博士課程を修了した医学博士で、千葉大学大学院医学研究科にて研究業務に携わり、大手法律特許事務所にて外内特許出願を担当した後、弊所にて特許業務を担当しております。

実績

 特許出願の特許査定率(審査請求した出願のうち、特許査定を受けたものの割合)は、81%です。
 また、特許出願において、拒絶理由が出されても、意見書、補正書を提出して反論した場合の特許査定率は、93%です。
 商標登録出願の登録査定率は、87%です。
 以上は、平成21年以降に出願したものについて、平成26年5月までの集計で計算した結果です。

サービス

 中小企業や個人の方で、出願の経験のない方でも、面談させていただき、出願をしてみる価値があるかどうか、出願に必要な資料やデータ、手続の流れや費用について丁寧にアドバイスいたします。1時間程度の御相談であれば、相談料無料にて対処いたします。
 特許出願の場合、拒絶理由通知が1回は出されるのが通常ですが、弊所では拒絶理由通知に対して、詳細なコメント(平均4頁前後)をお送りし、初心者の方でもベストの結果が出せるようにサポートいたします。
 実務経験40年の所長弁理士松井茂が、全ての手続をチェックし、ポイントを押えて業務を行っております。
 弁理士会で調査した平均的な料金よりも安い、リーズナブルな費用で、満足できるサービスを御提供いたします。

事務所所在地

松井特許事務所
 〒160-0023
 東京都新宿区西新宿6丁目24-1 西新宿三井ビル18F
 TEL   03-6770-2124
 FAX   03-6770-2125
 E-Mail  info@matsuipat.jp

トップへ戻る